イタリアのデザイン感覚


「日本製」にこだわり、クラフツマンシップを活かしたモノ
づくりを推進してきた「ウルティマトーキョー」が、ブランド
誕生5周年を記念してチャレンジを試みた。最大の強みである
日本の職人技術を活かしつつ、イタリア人デザイナー監修に
よる新たなセンスを加えたのだ。

生産地に選ばれているのは、鞄の聖地としてしられる兵庫県
豊岡市。そして素材には、牛革にくらべて柔軟性が高く、しなやか
な質感を持つ馬革を採用。それだけでも説得力は抜群だが、イタリア
のデザイナーを起用しているため、従来にはなかった鮮度が表現されている。

細かな配慮が実感できる内部のポケット、握りやすいハンドルなど、
当然ながら機能性も充実、視覚面と機能面の両方からサポートして
くれるので、ビジネスシーンをアクティブに彩ることができるだろう。



2017年09月26日 Posted bysimple at 16:17