2017年04月10日

会社で上司が仕事の進行状況を見ようとする

どちらのパターンがお互いにとって気持ちがよいか、明らかだろう。事実はひとつで動かすことはできないが、どのように考えるかによって、その事実の表現の仕方は、まったく異なってくる。

たとえば、会社で上司が仕事の進行状況を見ようとする。合を考えてみる。期限が数日後に迫っている作業が、八割終わっているとする。「まだ二割残っている」と言われれば、部下は被神的なプレツシャーを感じる。言い方によっては、作業の進み具合が鈍いと批判しているニュアンスにもなる。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。