2017年04月10日

会社で上司が仕事の進行状況を見ようとする

どちらのパターンがお互いにとって気持ちがよいか、明らかだろう。事実はひとつで動かすことはできないが、どのように考えるかによって、その事実の表現の仕方は、まったく異なってくる。

たとえば、会社で上司が仕事の進行状況を見ようとする。合を考えてみる。期限が数日後に迫っている作業が、八割終わっているとする。「まだ二割残っている」と言われれば、部下は被神的なプレツシャーを感じる。言い方によっては、作業の進み具合が鈍いと批判しているニュアンスにもなる。

  


Posted by simple at 15:42Comments(0)

2017年03月20日

エカテリーナ2世の王冠レプリカ、ダイヤモンド国際見本市で話題

イスラエル・テルアビブ(Tel Aviv)近郊のラマトガン(Ramat Gan)で13日から開催されているダイヤモンドの国際見本市、第6回インターナショナル・ダイヤモンド・ウイーク(International Diamond Week)でロシア皇帝エカテリーナ2世(Catherine II)の王冠のレプリカが展示され、話題を集めている。

 30か国から集まった大勢のバイヤーがダイヤモンドの買い付けや査定を行う中、会場となる巨大なホールの入り口でさんぜんと輝いているのは、1万1352個のダイヤモンドや真珠があしらわれたエカテリーナ2世の王冠のレプリカ。

 この王冠を所有するロシアのダイヤモンドグループ、クリスタル・スモレンスク(Kristall Smolensk)によれば価格は「お手頃価格」の2000万ドル(約23億円)。すでに複数のバイヤーと接触しており、成約の見込みは「有望だ」という。

 イスラエルにはベルギーのアントワープ(Antwerp)、インドのムンバイ(Mumbai)と並ぶ世界有数のダイヤモンドの研磨加工及び取引センターがある。  


Posted by simple at 11:12Comments(0)

2017年02月27日

妻のぜいたくのために破産し落らぶれた人が、どんなに多いことか


物や金をあり余る程もっている大金持ちにはどうやってそれを使うかだけが苦痛の種であるかのように、はた目には映るものである。広大な地所をもちながら、妻のぜいたくのために破産し落らぶれた人が、どんなに多いことか。

数のうえでは夫自身のぜいたくが原因になった場合の方がおそらく多いだろうが、一家の財産を節約、維持するのがつとめの主婦が浪費家であるために破産よる例もたくさんある。その場合は致命的である。  


Posted by simple at 16:07Comments(0)

2017年02月07日

新聞を読むことをお勧めする

続者のみなさんは多少なりとも新聞を読まれるだろうと思う。その際、世界各地の正確な地図と正確な地名辞典それに地理の本を手元に置いて、新聞を読むことをお勧めする。

どこかの地名が出てくれば、その位置を地図で確かめ、地名辞典の記述を続み、それ以上の特殊な内容は地理の本を読んで調べるのである。一度最後まで記事に目を通しおおざっばな内容をつかんだ上で、もう一度読み返し、そのときに今お勧めしたような方法をとっても結構である。

  


Posted by simple at 10:51Comments(0)

2017年01月18日

米外交官がトイレで女装

ロシアのラブロフ外相は17日の年頭記者会見で、在ロシアの米国大使館員らが「変装」も駆使して、情報収集活動を行っていると発言した。

 オバマ米政権が昨年末、ロシアによるサイバー攻撃を理由に在米ロシア大使館員35人を国外退去にしたことなどに関連し、米大使館員の活動を掌握していると誇示したかったものとみられる。

 ラブロフ氏は「変装し、かつらをかぶった米外交官」が入館を拒んだ米大使館の警備員に暴行を加えたり、米外交官が公衆トイレを使って女装していたケースがあると説明。こうした状況は「全て記録されている」としたものの、具体的な時期や場所には言及しなかった。

 ラブロフ氏はまた、米外交官が反体制派の集会でしばしば目撃され、変装していたこともあると主張。米大使館の駐在武官は、身分を隠すためにレンタカーを使って活発に国内を移動し、露南部チェチェン共和国や紛争地であるウクライナ東部との国境など、辺境地域をしばしば訪れているとも語った。  


Posted by simple at 12:14Comments(0)

2016年12月29日

朝の習慣についてもう少しつけ加えたいことがある


早起きの大切さについては先にお話ししたが、朝の習慣についてもう少しつけ加えたいことがある。朝起きるとまず第一に、その日の仕事の見通しをたてることである。その場合、当然急迫した事懸が松こることも考慮に入れておく必要がある。

仕事に成功した人で早起きしてその日の計画を立てなかったような人はめったにいない。最も出世した人の中には、日の出前に起きてその日の仕事の計画を立てるのを常としていた人が何入もいる。  


Posted by simple at 16:41Comments(0)

2016年12月09日

アルツハイマー病、点滅する光に治療効果か?


LEDライトを用いたマウス実験で、アルツハイマー病との関連が指摘されている脳内のアミロイド斑(プラーク)と呼ばれるタンパク質の蓄積が、ライトの点滅によって減少したとする論文が7日、発表された。

 アルツハイマー病の治療方法として有用であるかを断定するにはまだ時期尚早だが、さらなる研究を推し進めるための有望な道筋を示したと研究チームは語っている。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文によると、点滅するライトが脳波を誘導することによって治療効果を得ることができると考えられるという。アルツハイマー病患者では、脳波に乱れが生じるとされている。

 研究では、マウスに点滅するライトを照射し、脳内の電気的活動に影響を与えた。照射開始から1時間後、記憶をつかさどるとされる海馬のベータアミロイド値が40~50%減少していることを研究者らは確認した。
  


Posted by simple at 10:08Comments(0)

2016年11月14日

金正恩氏が大水害の被災者を「収容所送り」にしている

北朝鮮が最近、秘密警察の国家安全保衛部(以下、保衛部)傘下に「620常務」なるタスクフォースを組織して、海外の映画や韓流ドラマなど「不法映像物」の取締りを大々的に実施。検挙された住民が300人を超えると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

保衛部が、海外映画などの取締りを行うのは、今に始まったことではない。北朝鮮当局は、海外から流入した映像の流布を薬物犯罪と並ぶ重犯罪とみなしており、公開処刑や政治犯収容所送りなどの厳罰で臨んでいる。

それにしても、今回の取締りの様相は従来と異なる。北朝鮮当局も「史上最大」と認める大水害の被災地、咸鏡北道(ハムギョンブクト)一帯をねらって行われているのだ。

RFAの取材に答えた現地消息筋によれば、「620常務は、保衛部が金正恩に建議書を上げて、今年の6月20日に認可を得た不法映像物取締り組織」であるという。

そして、「620常務は、9月上旬に豆満江流域の水害で多くの住宅が倒壊すると、住人が近づけないように封鎖した上で捜索を繰り広げ、不法映像物と違法携帯電話が見つかった家の住人を直ちに逮捕した」と述べた。  


Posted by simple at 11:24Comments(0)

2016年10月19日

壊れたソファの払い戻しを店側が拒否 

海外で品物を買うと、28日以内には返品可能というポリシーの店が多い。もちろんレシート持参でタグもそのままの場合に限った話だが、イギリスでは購入後に返品する人の割合は日本よりも遥かに高い。このほど英ダービシャー州に住む女性が、1年前に購入したソファの返金を店に求めた。女性はソファを購入後、使用したうえで返金を要求したのだが、購入者と店側に食い違いが起き問題が起こってしまったことが各英紙で報じられ、世間に呆れられている。

同州サンディエイカー在住のアニータ・ホワイトさん(51)は2014年9月、家具ストア「ハーヴィーズ(Harveys)」にてソファを1594ポンド(約21万円)で購入した。

ところが購入して1年も経たないうちに、ソファの形が崩れ始めた。座った場所が凹んでしまい元に戻らないため、アニータさんは「不良品」と判断した。そこでストア側に返金を求めたが拒否されてしまう。なぜならアニータさんと夫アランさん(61)の合計200キロある体重の重さにより、ソファが原型を失ってしまったと主張されてしまったのだ。

これを聞いたアニータさんは激怒。「1年以内で形が崩れてしまうような不良品を売っている店に、自分たちが太いから壊れたって言われて気分は最悪よ」と各英紙で語っている。  


Posted by simple at 09:58Comments(0)

2016年09月24日

私は内心ガッツボーズ!

点として仕事をこなすより、つながりのある面として捉えれば成長度もぐんとアップします。ディスブレイを当番制にし、私の怒りも収まったある日(笑)、シャンブーマンから「電球の位置がおかしい」と指摘がありました。私は内心ガッツボーズ!

ディスプレイ棚を気にすることで空間を捉える力が上がり、ほかの細部にも達和感を感じられるようになったのです。点だった仕事が線、面へとつながった瞬間を目の当たりにして、思わず笑みがこぼれました。  


Posted by simple at 10:01Comments(0)