不意打ちの自撮りは反則!

「友達が『髪切ったんだよ』って自撮りを送ってきたんだけど、女ってほんと感心するくらい自撮りうまいよね。その写メもなんかスゲー色っぽくって『え?こいつってこんなにキレイだったっけ?』なんてムラムラしちゃった」(26歳/商社勤務)

自撮りを送るのも効果的。ポイントは、鎖骨やうなじに目が行くようなアングルで撮ること。ちょっぴりセクシーな自撮りは、男性を最高に興奮させるカンフル剤。ただ、あんまり頻繁に送りすぎるとナルシスト認定されちゃうのでお気をつけて。

相手の想像力を掻き立てる……そんなLINEが送れたら、きっと彼はあなたのことが気になって仕方なくなるはず。彼の心を翻弄させる、LINE美人になりましょう。
  


2018年09月30日 Posted by simple at 16:02

店員さんへの対応を見る

今はあなたを何としてでもゲットしたくて優しい彼だとしても、付き合ったら一変してDVに走るという傾向もあります。
一緒に彼と食事をしている時、彼の店員さんに対する対応がちょっぴり感じ悪いと思うことはありませんか?

どんな人にでも優しく接することができる男性なら将来は安心かもしれませんが、あまりにも店員さんに偉そうな口の利き方をしていたりクレームをつけている男性は暴言や暴力をふるう場合もあります。

「店員さんを呼んでくれますか?」とあえて彼に店員を呼ばせて様子をうかがってみましょう。この点は付き合う前にしっかり見極めておきたいですよね。  


2018年08月31日 Posted by simple at 16:25

目が覚めたらブリティッシュ・アクセントで話すようになっていた

「目が覚めたらブリティッシュ・アクセントで話すようになっていた」と話す女性、ミシェル・マイヤースさんを取り上げた米国のテレビ番組。

外国語様アクセント症候群は、英語の「Foreign Accent Syndrome」の頭文字を取って、「FAS」とも呼ばれる。あまり知られていない病気だ。1907年にフランスの神経科医、ピエル・マリーによって初めて公にされた。

彼の論文は、「脳左半球の損傷により構語不能となった患者たちの紹介(Présentation de malades atteints d’anarthrie par lésion de l’hémisphère gauche du cerveau)」と題されている。パリのある患者は、フランスとドイツの国境を一度も訪れたことがないのに、突然、アルザス地方のアクセントで話し始めたという。  


2018年04月09日 Posted by simple at 10:32

彼を育てたくなるのだ

 そして、「信じられないけれど、あの方法がよく効きました」と話してくれた。「いまは彼女が僕を変えようとするんだ。いつもああしろこうしろとうるさいよ。まるで子供扱いなんだ。イヤになるよ」女性は恋をすると、彼に可能な限りべストを尽くしてほしいと願うものだ。

 女性は愛する人の中に眠っているすばらしい能力を発見して、その能力を開花きせようする。彼を育てたくなるのだ。女性は子供がいなくても、恋をすると母性本能が強くなり、パートナーを育てようとする。  


2018年03月09日 Posted by simple at 11:23

何か食べなきゃもたないわ


 「朝食も食べてないのに、もう一時じゃない。どこかで早く食事しましようよ」という女性のセリフは、彼の耳にはこう聞こえる。「あなたのミスよ、なんでちやんと朝食に連れていってくれなかったの。あなたのせいでさんざんな目にあったわ。イヤな思い出しか残らないでしょうね、きっと。

 それもあなたが悪いのよ」「もうくたくた。何か食べなきゃもたないわ。一日でこんなに見て回るなんて無理よ」という女性のセリフは、彼の耳にはこう聞こえる。  


2018年02月06日 Posted by simple at 16:34